太陽光発電の基礎知識

太陽光発電の基礎知識

太陽光発電に固定資産税がかかる!?

太陽光発電を設置した場合、固定資産税が掛かる場合もありますし、掛からない場合もあります。
では固定資産税が掛かる場合とはどんな場合でしょうか。
家を建てた時、屋根と一体型としてソーラーパネルを設置した場合や屋根の素材の代わりにソーラーパネルを設置した場合、固定資産税が発生することになります。
つまりソーラーパネルが屋根の一部とみなされれば(上記の内容)、固定資産税が発生することになるわけです。
逆に家を建てた後にソーラーパネルを設置した場合、別物とみなされるため固定資産税は掛かりません。
ちなみに固定資産税が掛かったとしても、その金額は数千円〜一万円程度と非常に安い税です。
それを考えれば、あまり固定資産税にこだわる必要はないのかもしれません。
太陽光発電を始めよう!

確かに、太陽光発電はクリーンな電力を供給してくれます
つまり、地球環境を破壊しないということです。
しかし現実を直視した時、私たちは太陽光発電にもリスクがあることを理解しておかなければなりません。
○劣化する…
太陽光発電に限ったことではありません。
設備を設置して時間が経てば、必ず劣化します。
この劣化は発電量の減少につながることもあります。
ちなみに、こうした状況を「経年劣化」といいます。
○故障する…
機械でも何でも、作ったものはいつか故障します。
太陽光発電パネルは15〜25年ぐらいの耐久性があるといわれていますが、いつ何時故障するかわかりません。
特に日本は災害が多いため心配です。
このように太陽光発電を設置した時の試算が、必ずしも決められた通りにいかないということです。
それが、太陽光発電のリスクだと言えます。

続きを読む≫ 2014/10/24 17:01:24

現在のところ太陽光発電が、「将来のエネルギーを担う」一番手と思われています。
しかし悲しいかな、天候に左右されるため不安定感は免れません。
そうした不安要素が浮き彫りになっています。
さらに、太陽光発電には広大な土地面積も必要だという問題もあります。
そこで22世紀に向けて考えられている、新たな再生可能エネルギーが「洋上風力発電」です。
洋上風力発電は、広い海を利用して風力発電を設置する方法です。
すでに洋上風力発電はヨーロッパ諸国で実施されていて、かなりのエネルギー量を供給しています。
まだ日本では実証試験の段階ですが、国土を海に囲まれていることを考えれば、今後大きく発展する可能性があると思います。
「22世紀のエネルギー=洋上風力発電」
これは是非、覚えておくキーワードです。

続きを読む≫ 2014/10/24 17:01:24
ホーム RSS購読 サイトマップ